世界の海から高品質で安全な食材をお届けします。生鮮・冷凍水産物の輸入卸販売のブルーリンク

English

トップページ  >  商品紹介  >  オーストラリア、タスマニア産 天然うなぎ

オーストラリア、タスマニア産 天然うなぎ

オーストラリア東南端に浮かぶ温暖で穏やかな海洋性気象の島タスマニア

タスマニア

タスマニア

タスマニアは、オーストラリア大陸の東南部から240kmの沖合に浮かぶ島の州です。緯度では、南緯40度から43.5度内となり、赤道を挟んだ北半球側には、ほぼ同緯度に北海道があります。しかし、北海道ほど寒くはなく、1年を通して寒暖の差が少ないのも特徴的であり、温暖で穏やかな海洋性気象の土地として知られています。島の周囲は、南海岸と西海岸をインド洋に、東海岸を太平洋のタスマン海、北海岸は、オーストラリアとタスマニアを分離しているバス海峡に接しています。また、島の面積は67,800平方キロメートルあり、北海道より一回り小さく、オーストラリアの総面積の1%以下の大きさに相当します。そして、人口もオーストラリアの州としてはもっとも少ない約480,000人(2005年)。州都はホバート。

自然の保護と管理

タスマニア州内陸水産管理局(Tasmanian Inland Fishery Services)が主体となり天然資源保護のため下記を行っております。

厳格で継続的な生態系の保護と管理の徹底

厳格で継続的な生態系の保護と管理の徹底

  • 稚魚の放流を毎年民間企業と共同で行い継続的な天然資源の確保と管理を実施。
  • 捕獲や水揚げにはライセンス制度を導入し(ライセンス発給社数は10社)乱獲、密漁等には厳しい罰則を設け、資源の保護を実施。
  • 生息水域の定期的な水質検査をして(うなぎの生息水域は飲料水として使用されているため)クリーンで安全な環境管理を実施。

万全な出荷体制

パージング(活かし込み)、パッキングはHighland Pacific Exports社が行います。
Highland Pacific Exports社は政府発給10ライセンスのうち、7つを保有するTasmanian Highland Eels社とPacificstream International社と販売契約を結んでおり、タスマニアで唯一のうなぎ輸出施設許可証を取得している企業です。

Tasmanian Highland Eel社とPacificstream International社で水揚げされたうなぎはすべてHighland Pacific Export社へ搬入され、品質・サイズなどの選別を行います。
Highland Pacific Export社
数日間臭みを取るためのパージ工程を経てから輸出向けにパッキング、空輸にて出荷され日本に到着します。
輸出向けにパッキング
日本到着後は輸入通関手続きを行い(株)海老仙へ搬入され、ミネラル豊富な浜名湖の地下水を利用し活かし込みを行い、輸送中のストレスを軽減した後、産地出荷証明書と共にお客様へとお届け致します。 株式会社 海老仙 WEBサイトはこちら
ミネラル豊富な浜名湖の地下水を利用

温暖な気候で一年中、美味しい

島の西半分は、インド洋から吹く西風により雲が生まれ、多くの雨を降らせます。
この西風は、南半球の冬のシーズンである6〜8月と早春に強く継続して吹き、西部と北西部に最も高い降雨量をもたらします。
夏の最高気温は21度ほどで過ごしやすく、日照時間が約15時間と長いのが特徴です。一方、冬は最高気温は11度ほどになり、日照時間も冬至で約9時間と短くなります。一年中通して温暖な気候は、美味しい天然うなぎをお届けできます。

タスマニア地方の気温と降水量

調理例

肉厚で脂分が多く、やわらかいのが特徴のタスマニア産天然うなぎです。国産品同様、蒲焼き・白焼きなどに最適のほか、和洋折衷どんなお料理にでもご利用できます。

蒲焼
蒲焼
白焼き
白焼き
から揚げ
から揚げ
トマト煮
トマト煮
バターソテー
バターソテー

ページの先頭へ

株式会社ブルーリンク  〒430-0944 静岡県浜松市中区田町230-17 田町ファーストビル3F