世界の海から高品質で安全な食材をお届けします。生鮮・冷凍水産物の輸入卸販売のブルーリンク

English

トップページ  >  商品紹介  >  キングアイランド産 キングアイランドビーフ

キングアイランド産 キングアイランドビーフ

キングアイランドとは

キングアイランド

キングアイランド

オーストラリア、タスマニア島の北西80km、南緯40°に位置するキングアイランドは人口1500人、面積1,100㎢の小さな島です。最大都市はCurrie(カリー)、主産業は畜産、水産、観光です。偏西風により常に綺麗な空気が島へと流れ込み、温帯西岸海洋に分類される気候は年間を通して温暖で、雨量の多い島としても知られております。雨水を飲料水として使用するなど、その素晴らしい環境から近年では観光スポットとして非常に人気の高い島です。
その世界で類を見ない環境の中、キンブアイランドビーフは広い土地を自由に動き回り、栄養価の高い牧草をお腹いっぱい食べて育ちます。

キングアイランドビーフとは

キングアイランド

キングアイランド

年間を通して温暖で雨量が多いことに加え、栄養価の高い粘土層が最高の牧草を育てます。夏場でも最高気温が30度を超えることがなく、安定した雨量があることで牧草は枯れることがないため、キングアイランドは世界で類を見ない、まさに天国のような場所です。この特別な環境の中、牛は自由に放牧され、ストレスなく、自由に好きなだけ牧草を食べすくすくと育ちます。ストレスや過密放牧されていないから成長ホルモン剤、抗生物質、GMOはもちろん一切必要ありません。牛にとってキングアイランドは最高の環境なのです。

  • パスチャーフェッド
    による肥育
  • 肉質の良い
    英国種など肉専用種
    のみを使用
  • 契約農家のみで
    飼育
  • 放牧による
    ストレスのない環境
  • 動物愛護を
    考慮した
    生体牛の取り扱い
  • 抗生物質
    成長ホルモン剤
    生涯不使用
  • 遺伝子組み換え
    飼料不使用
  • ISO65による
    第三者の監査あり
  • 100%タスマニア島
    にある自社工場1カ所
    のみで生産

パスチャーフェッドとは

キングアイランド

キングアイランド

パスチャーフェッドとは、自然に自生している草を食べた野生に近い環境で育つ一般的なグラスフェッドとは異なり、栄養価の高いマメ科(クローバーやライグラスなど)の牧草を中心に播種から行い、餌となる牧草の栄養価をコントロールすることで、肉質の高い牛肉に仕上げるグラスフェッドの新基準です。質の高い牧草は1キロあたり110メガジュールス(熱量)と16%程度のたんぱく質を含有するなど、高い栄養価のある餌になります。

一般的なグラスフェッド

気温の高く、水が少ないオーストラリア北東部での生産が中心。暑い気候にも耐えられるコブウシなどの温帯種が中心。

→
パスチャーフェッド

冷涼なオーストラリア南部のみで、肉専用種のみ。 マメ科などの栄養価の高い牧草を中心に飼育。

100%契約農家のみで飼育されています

キングアイランド

供給元であるJBSオーストラリア 社独自の契約農家制度(JBS Farm Assurance Program)で管理された指定農家のみで決められたプログラム内容に従って飼育されています。

プログラムに含まれる内容には...

  • ・放牧のみで育てる
  • ・餌となる牧草には遺伝子組み替え飼料は使用しない
  • ・成長ホルモン剤、抗生物質は一生涯使用しない
  • ・動物愛護の観点から、生体牛を人道的に取り扱う

※プログラムどおり育てているかを第三者が監査する仕組みを 設けています。

安心・安全・高品質ビーフ

キングアイランドビーフ

品質保証レター品質保証レター

キングアイランドビーフとは、生産者であるJBSオーストラリア社と当社が一丸となって取り組んでいる特別なブランドビーフです。ナチュラルということだけではなく、農場から加工・出荷に至るまで一貫した体制を管理することで、多様化する牛肉へのニーズに対し“付加価値”と“高品質”でお答えします。日本市場では当社が独占的に販売することで、他では手に入らない牛肉であることをお約束いたします。最高の環境で育てた自慢の牛肉を、自身を持ってお勧めします。

料理例

料理例

ページの先頭へ

株式会社ブルーリンク  〒430-0944 静岡県浜松市中区田町230-17 田町ファーストビル3F